東大卒の家庭教師の先生のおかげで奇跡の合格。

息子はいつも友達と遊んでいるか、ゲームをしているかで、全く勉強をしていませんでした。そのせいで、当然、学力は低く、学年でも下から数えたほうが早いという順位でした。このままではいけないと思い、息子が小学5年生の時に、家庭教師雇うことを決断しました。家庭教師を探している時に、東大卒業の家庭教師がいるというチラシを見て、早速電話で問い合せました。無事に空いていたため、週に3回来てくれる契約をしました。
息子も最初は嫌がっていましたが、東大卒業の肩書きは伊達ではなく、教え方がうまいため、息子も勉強が楽しくなり、みるみる学力を伸ばしていきました。これをきっかけに、息子が勉強に目覚めて、小学6年生の時に、中学受験をしたいと言い出しました。その後も、中学受験に向けて、必死で勉強をしたかいもあって、見事に合格しました。最初の学力からしたら、奇跡に近いと思います。東大卒業の家庭教師の先生には、感謝してもしきれません。